T4 Boge/Sachs ショック・アブソーバー 交換

ビルシュタインやkoniよりT4にマッチすると言われている
ボーゲ/ザックス製 ツインガスチューブ 1200kg プレロード ショックアブソーバー
ビルシュタインやkoniのスポーツショックは800kg-1000kg 
なので車重の重いキャンパーや、ヴァナゴン・ローライダーに最適
外観は黒一色で寂しいが、アメリカではビルシュタインの2倍の値段。

重い感じのビルシュタインに比べて、軽快なボーゲ/ザックス
取り付け前に手で押した感じは、余りにもスカスカで不安になるボーゲ/ザックス
でも走りはすばらしい
ベイブリッジや伊勢湾岸などで強風に煽られてもフラフラする事が無くなった。

フロント:
トーションバーは緩めずに作業できます

1.22㎜のショック下のボルトを緩めます #16(イラストナンバー)

2.ショック上のブラケットを18mmのボックスやメガネで外し、縮めながら抜きます #17 #18
*ブラケットを外す時にエンジンアンダーガード(ベリーパン)が当たる場合は外します。

*ショックを縮めてもブラケットが取れない場合はタイロッドエンドを切り離します。
タイロッドエンドは、国産用の挟むタイプの工具より、
千円位の安物の2爪のギアプーラーの方が安全で簡単に取れます。
ボールジョイントのブーツを傷つけないように。

3.16㎜のメガネとプライヤー、または先端を万力に挟んでショックをブラケットから外します #14

4.新しいブッシュを挿入し、ブラケットにショックを取り付け、下のボルトに通し車体に取り付けます

5.車載工具にあるパンタグラフジャッキ等でブレーキディスクを上のボルトとナットが入る所まで下から持ち上げます

ジャッキをかけるところはどこでも良いですが、
ボールジョイントなどにダメージが掛からないところにして下さい。

リア:

1.タイヤも外さず、ジャッキアップもしない状態で、
左右のショック下の16㎜ナットを緩めます。#8
*インパクトレンチがある場合は後から緩めてもOK

2.タイヤを設置した状態で、上の18mmボルトが見えるまで
ジャッキアップして緩めます #7

*ここのボルトはかなり固い場合がありますので、
作業数日前またはフロントの作業中に、ボルトの裏からCRCなどをスプレーしておいて下さい

リアブッシュ品番:701513121




Advertisements
This entry was posted in T4. Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s