T4 デフ – ドライブシャフト フランジ シール交換

左側のシャフトはフランジからドライブシャフトを外さずに引き抜く。

本来はフランジ抜き専用のプーラーがあるが、無いので国産車のようにデフから一体で抜く。

シャフトを一体で抜くとかなり重いので、フランジが抜けた時に下に落ちないようにあらかじめベルトで釣るか、
手を借りる。

右側はフランジからバラしてスライドハンマーで抜く
ミッションマウントのセンターボルトを抜き、
エンジンを少し上前に移動させると楽。

フランジのサークリップを交換し、シールを打ちかえる
シールを入れるときに、リップの部分にグリスをたっぷり塗る

フランジシャフトを入れるときに、新しいシールを痛めないように慎重に入れる。
左側は2段目のカクンと入る所まで押し込まないと危険

一段目までしか入っていなくても走れるが、デフオイルが漏ってくるのですぐにわかる。
そのままではシャフトが抜ける可能性がある、

シール:016409399B 45x60x8mm 2個 

ついでにベアリングも変えたいが、足長の細い内掛けプーラーが無いのでパス 02B409371

フランジシャフトのオイルシールへの当たりが摩耗している場合、
リペアスリーブにて修理。

NATIONAL Part # 99177:
More Info Redi-Sleeve; Shaft Size Min=1.769″, Shaft Size Max=1.775″, Width=0.551″, Overall Width=0.669″, Flange Outer Diameter=2.087″, Installation Depth=0.812″
VW 098 4 Spd. Automatic Transaxle

Advertisements
This entry was posted in T4. Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s